ツインドリル工法協会
 NETIS登録a@: KT-090062
 登 録 日  : 平成21年12月25日
事務局 〒123-0873 東京都足立区扇3丁目11番8号 TEL:03-5838-8288 FAX:03-3857-9219

確かな開発力で施工技術を革新する

  現在下水道整備の進んだ大都市の
 下水道機能をどのようにして維持、向上
  させて いくかが大きな課題となっています。

  下水道マンホール内のステップは、
 硫化水素などにより年々金属腐食が進み、
 安全性の面から、ステップ(足掛金具)の
 取替えが早急に望まれていました。

  この問題を「安全の確保」と「作業効率の
 向上」という一貫したテーマのもとに
 全く新しい形で解決したステッップ リプレイス
 メン ト施工技術が「ツインドリル工法」です。

  優れた下水管渠を
 次世代に引き継いでいくために、
 ツインドリル工法協会はマンホール施工技術
 の革新を推進しています。

  従来のステップ リプレイスメント技術を
 根本から見直し、
 安全性確保をテーマに研究開発された
 当協会独自の工法です。

  マンホールという、
 危険を伴う作業環境において
 抜群の機動性を発揮し
 マンホール内の、削孔時における粉塵も
 殆ど無く健康面からも安心して
 作業に取り組めます。

  小型で軽量設計は一人による
 作業を可能とし、その上操作も簡単なため
 作業効率もアップして
 工期短縮に大きく寄与します。



 且Y業調査会-土木工法事典(第6版)掲載

安    全
作業効率の向上
工期短縮
経済性が高い